ハロの外部記憶インターフェイス

そろそろ覚える努力が必要かも…

Docker コンテナ操作

ホストからコンテナへファイルをコピー

「docker cp {コンテナ名}:{パス} {パス}」

$ docker cp c-name1:/tmp/etc /tmp/tec
$ docker cp ./local.txt c-name1:/tmp/test.txt

イメージからコンテナになってからの差分確認

「docker diff {コンテナ名}」

$ docker diff c-name1

コンテナからのイメージ作成

「docker commit {コンテナ名} {新しいイメージ名}:{タグ名}」

$ docker commit c-name1 newimagename:1

$ docker inspect newimagename:1
[
    {
        "Id": "sha256:45800e187f8854e5f11d865b73dad4c1f2019dfd04aaa2bffe7600cedae6bb02",
        "RepoTags": [
 /省略/

コンテナをTarファイル出力

「docker export {コンテナID}」

$ docker export c-name > filename.tar

$ tar -tvf filename.tar
/省略/

tarファイルからイメージ作成

「docker import {ファイル名/URL} 」

$ cat filename.tar | docker import - newname:1

イメージをtarフィアルへ保存

「docker save {イメージID}」

$ docker save -o filename.tar image1

※saveで生成したtarファイルはイメージのバイナルデータとなっているため、loadコマンドによってイメージに戻すことが出来る。