ハロの外部記憶インターフェイス

そろそろ覚える努力が必要かも…

.NetでBarcodeを作成し、印刷まで

目標

フリーパッケージでバーコードを作成し、印刷する。
有料パッケージだと色々便利だが、以前からAccessExcelに組み込まれたバーコードコントロールを使っているお客様には、金を使う気が無いので、却下になっている。

Nugetからパッケージをインストールする。

「barcode」で検索すると色々な候補が出てくるが、ほとんど有料だった。(IronBarcode, Spireなどなど)
結果、「Zen Barcode Rendering Framework」を使う。
種類に制約があるが、今回は問題なし

PM> Install-Package Zen.Barcode.Rendering.Framework -Version 3.1.10729.1

Nuget: https://www.nuget.org/packages/Zen.Barcode.Rendering.Framework/
GitHub: https://github.com/dementeddevil/BarcodeRenderingFramework

使い方

基本生成したバーコードをImage形式に保存する。
そのときに使うBarcodeDrawFactoryを切替ることで、生成されるバーコードも変わる仕組みらしい

using Zen.Barcode;

private Code128BarcodeDraw _barcode;
private Image _img;

public void CreateBarcode(string barcodeText, int barHeight = 50, int scale = 2)
{
    _barcode = BarcodeDrawFactory.Code128WithChecksum;
    _img = _barcode.Draw(barcode_text, barHeight, scale);
}

scaleはデフォルトだと少し小さめだったため、2にしてみた。

印刷用に編集

出来上がったバーコードはまさにバーコードのみだったため、印刷用イメージを作成する。
こんな感じにしたい
f:id:haronoid:20190622214659j:plain

//背景イメージ作成(バーコードイメージの余白になるように大きめにする。)
System.Drawing.Image backImg = new Bitmap(img.Width + 20, img.Height + 40, System.Drawing.Imaging.PixelFormat.Format32bppArgb);
Graphics g = Graphics.FromImage(backImg);
Brush b = new SolidBrush(Color.Black);
Font f = new Font("Courier", 13);
StringFormat sf = new StringFormat() { Alignment = StringAlignment.Center, LineAlignment = StringAlignment.Far };

//背景クリア
g.Clear(Color.White);
g.DrawImage(img, 10, 10);   //バーコードを貼り付け
g.DrawString(bm.BarcodeText, f, b, backImg.Width / 2, backImg.Height, sf);  //バーコード文字を下部に配置

this.picBox.Image = backImg;

印刷

印刷もやり方探すのにかなり苦労したけど、最終的に作ったイメージを印刷で落ち着いた

//PrintDocumentを初期化し、プリントイベントを紐付ける。
var pd = new System.Drawing.Printing.PrintDocument();
pd.PrintPage += new System.Drawing.Printing.PrintPageEventHandler(this.pd_PrintPage);
pd.Print();
pd.PrintPage -= this.pd_PrintPage;

//PrintDocument.Print();により、以下が実行される。
private void pd_PrintPage(Object sender, System.Drawing.Printing.PrintPageEventArgs e)
{
  //ImageをeのGraphicsに当てたら、印刷された。
  e.Graphics.DrawImage(_img, 0, 0);
}

.NETでAccessをDBとして使う

必要になった理由

バッチでAccessのDBを読み取りSql Serverに更新するような要望が発生したため

Àccess DBを.NETで読み取る

以前のAccess2003(.mdb)の場合、「Microsoft.Jet.OLEDB.4.0」を使うらしいが、Access2010(.accdb)以降は、「Microsoft.ACE.OLEDB.12.0」をプロバイダとして使用するらしい

Microsoft Access Database Engine 2016インストール

以下のリンクからダウンロードした。
Download Microsoft Access Database Engine 2016 Redistributable from Official Microsoft Download Center 32bitバント64bit版があるが、64bitのOSには32bit版はインストール時エラーになった。

トラブル

Microsoft.ACE.OLEDB.12.0' プロバイダーはローカルのコンピューターに登録されていません。」
とエラーになるばかり、いろいろ調べて見ると、AniCpuやx64ではうまく動かず、実行時探しているバージョンは32bitだそう。
仕方ないので、64bit版は削除し、32bit版をインストールする。

AccessDatabaseEngine.exe /quiet

※64bit版OSでは「/quite」オプションで強制的にインストールが可能

一旦、これで接続は成功した。

ソース

プラットフォームはx86で作業しています。

using System.Data;
using System.Data.OleDb;

private const string CONNECTION_STRING = @"Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source=C:\db\myDb.accdb";
private OleDbConnection _conn;

public void ExecuteSql()
{
    _conn = new OleDbConnection(CONNECTION_STRING);
    _conn.Open();

    OleDbCommand cmd =_conn.CreateCommand();
    cmd.CommandText = "SELECT * FROM MY_TABLE";

    DataTable dt;
    OleDbDataAdapter oda = new OleDbDataAdapter(cmd)
    oda.Fill(dt)

    _conn.Close();
}

CodeLens解除、XAMLのUIデバックツールを非表示にする。

ソース上の参照数などの表示を非表示にする方法

VisualStudioのクラスやメソッドのソース上に参照数を表示する機能 f:id:haronoid:20190613103836p:plain

まあ、あると便利だが、ソースを表示するたびに行が広がり見づらくなったりするので、非表示にする。
「ツール」→「オプション」
「テキスト エディター」→「すべての言語」→「CodeLensを有効にする」のチェックを外す。
f:id:haronoid:20190613104020p:plain

XAML開発時に画面の上部に出る小さなウィンドウを非表示にする方法

「ツール」→「オプション」
「デバック」→「全般」→「XAMLのUIデバックツールを有効にする」のチェックを外す。
f:id:haronoid:20190613104720p:plain

ToggleButtonカスタマイズ

ToggleButtonを実装してみたものの、ControlTemplateが上手く動かなかったので、最終的に成功したパターンをメモ

と言っても、結局はStyleのTriggerで定義するだけでも解決だった

<ToggleButton x:Class="CustomToggleButton"
              xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
              xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
              xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006" 
              xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008" 
              xmlns:local="clr-namespace:App1"
              mc:Ignorable="d" >
    <ToggleButton.Style>
        <Style TargetType="ToggleButton" BasedOn="{StaticResource {x:Type ToggleButton}}">
            <Setter Property="Background" Value="White" />
            <Setter Property="Foreground" Value="Red" />
            <Setter Property="BorderBrush" Value="Red" />
            <Setter Property="BorderThickness" Value="2" />
            <Setter Property="FontWeight" Value="Bold" />
            <Setter Property="HorizontalContentAlignment" Value="Center" />
            <Setter Property="VerticalContentAlignment" Value="Center" />
            <Style.Triggers>
                <Trigger Property="IsChecked" Value="True">
                    <Setter Property="Background" Value="Red"/>
                    <Setter Property="Foreground" Value="White"/>
                </Trigger>
                <Trigger Property="IsChecked" Value="False">
                    <Setter Property="Background" Value="White"/>
                    <Setter Property="Foreground" Value="Red"/>
                </Trigger>
            </Style.Triggers>
        </Style>
    </ToggleButton.Style>
    <ToggleButton.Template>
        <ControlTemplate TargetType="{x:Type ToggleButton}">
            <Grid x:Name="MyButton" Background="Transparent">
                <Border x:Name="MyBorder" BorderBrush="{TemplateBinding BorderBrush}" BorderThickness="{TemplateBinding BorderThickness}" CornerRadius="5" Background="{TemplateBinding Background}"/>
                <ContentPresenter x:Name="Presenter" HorizontalAlignment="{TemplateBinding HorizontalContentAlignment}" VerticalAlignment="{TemplateBinding VerticalContentAlignment}" />
            </Grid>
        </ControlTemplate>
    </ToggleButton.Template>
</ToggleButton>

既存ボタンのスタイルを継承しながら、カスタムボタン作成

ボタンとスタイルを定義

※StyleにBasedOnを指定しないと、既存のスタイルした表示してくれなかったので注意

<Button x:Class="CustomButton"
             xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
             xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006" 
             xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008" 
             xmlns:local="clr-namespace:App1"
             mc:Ignorable="d" >
    <Button.Style>
        <Style TargetType="Button" BasedOn="{StaticResource {x:Type Button}}">
            <Setter Property="Background" Value="White" />
            <Setter Property="Foreground" Value="#E50012" />
            <Setter Property="BorderBrush" Value="#E50012" />
            <Setter Property="BorderThickness" Value="2" />
            <Setter Property="FontWeight" Value="Bold" />
            <Setter Property="HorizontalContentAlignment" Value="Center" />
            <Setter Property="VerticalContentAlignment" Value="Center" />
        </Style>
    </Button.Style>

ControlTemplateを設定する。

今回はVisualStateManagerを使いVisualState単位で状態を変更する。 Storyboardは基本アニメーション効果があるため、時間やFrom・Toの指定で変更効果を表示することが可能

    <Button.Template>
        <ControlTemplate TargetType="{x:Type Button}">
                <!--ボタンは基本四角い状態であるため、せっかく丸いBorderにしてもはみ出て角が見えていたため透明にした-->
            <Grid x:Name="MenuButton" Background="Transparent">
                <!--ボタンの枠線:CornerRadiusで丸みを設定できる。-->
                <Border x:Name="MenuBorder" BorderBrush="#E50012" BorderThickness="3" CornerRadius="10" Background="{TemplateBinding Background}"/>
                <!--ボタン内の本体?-->
                <ContentPresenter x:Name="Presenter" HorizontalAlignment="{TemplateBinding HorizontalContentAlignment}" VerticalAlignment="{TemplateBinding VerticalContentAlignment}" />
                <VisualStateManager.VisualStateGroups>
                    <VisualStateGroup Name="CommonStates">
                        <VisualState Name="Normal" />
                        <VisualState Name="MouseOver">
                            <Storyboard>
                                <ColorAnimation Storyboard.TargetName="MenuBorder"
                                       Storyboard.TargetProperty="Background.(SolidColorBrush.Color)"
                                       Duration="00:00:00.1"
                                       To="LightPink" />
                                <ColorAnimation Storyboard.TargetName="Presenter"
                                       Storyboard.TargetProperty="(TextBlock.Foreground).(SolidColorBrush.Color)"
                                       Duration="00:00:00.1"
                                       To="#E50012" />
                            </Storyboard>
                        </VisualState>
                        <VisualState Name="Pressed">
                            <Storyboard>
                                <ColorAnimation Storyboard.TargetName="MenuBorder"
                                       Storyboard.TargetProperty="Background.(SolidColorBrush.Color)"
                                       Duration="00:00:00.1"
                                       To="#E50012" />
                                <ColorAnimation Storyboard.TargetName="Presenter"
                                       Storyboard.TargetProperty="(TextBlock.Foreground).(SolidColorBrush.Color)"
                                       Duration="00:00:00.1"
                                       To="white" />
                                <ThicknessAnimation Storyboard.TargetName="MenuBorder"
                                            Storyboard.TargetProperty="Margin"
                                            Duration="00:00:00.1"
                                            To="0,0,0,0" />
                            </Storyboard>
                        </VisualState>
                        <VisualState Name="Disabled">
                            <Storyboard>
                                <ColorAnimation Storyboard.TargetName="MenuBorder"
                                       Storyboard.TargetProperty="BorderBrush.(SolidColorBrush.Color)"
                                       To="Gray"/>
                                <ColorAnimation Storyboard.TargetName="Presenter"
                                       Storyboard.TargetProperty="(TextBlock.Foreground).(SolidColorBrush.Color)"
                                       To="Gray"/>
                            </Storyboard>
                        </VisualState>
                    </VisualStateGroup>
                </VisualStateManager.VisualStateGroups>
            </Grid>
        </ControlTemplate>
    </Button.Template>

VisualState関連参考

以下のリンクから、全コントロール分のスタイルテンプレートを参照可能 コントロールのスタイルとテンプレート | Microsoft Docs

画像ボタンを作成してみる。

カスタムボタンを定義

とりあえず、カスタムボタンを定義し、基本的にスタイルのみ設定していみる。

<Button x:Class="MyButton"
             xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
             xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006" 
             xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008" 
             xmlns:local="clr-namespace:App1"
             mc:Ignorable="d" >
    <Button.Style>
        <Style TargetType="Button" >
            <Setter Property="Foreground" Value="Red" />
            <Setter Property="FontSize" Value="25" />
            <Setter Property="FontWeight" Value="Bold" />
        </Style>
    </Button.Style>

ControlTemplateでボタンの内部構成とTriggerで表示・非表示を切り替える。

状態ごとに、表示を切り替えているだけだが、上手く動いた

    <Button.Template>
        <ControlTemplate TargetType="{x:Type Button}">
            <Grid>
                <Image Name="Normal" Source="/App1;component/Images/btn_normal.png"/>
                <Image Name="MouseOver" Source="/App1;component/Images/btn_mouseover.png" Visibility="Hidden"/>
                <Image Name="Pressed" Source="/App1;component/Images/btn_pressed.png" Visibility="Hidden"/>
                <Image Name="Disabled" Source="/App1;component/Images/btn_gray.png" Visibility="Hidden"/>
                <TextBlock Name="NormalText" Margin="0,5,0,0" VerticalAlignment="Center" HorizontalAlignment="Center" TextAlignment="Center" Text="{TemplateBinding Content}"/>
                <TextBlock Name="PressedText" Margin="0,5,0,0" VerticalAlignment="Center" HorizontalAlignment="Center" TextAlignment="Center" Foreground="White" Text="{TemplateBinding Content}"  Visibility="Hidden"/>
                <TextBlock Name="DisabledText" Margin="0,5,0,0" VerticalAlignment="Center" HorizontalAlignment="Center" TextAlignment="Center" Foreground="Gray" Text="{TemplateBinding Content}"  Visibility="Hidden"/>
            </Grid>
            <ControlTemplate.Triggers>
                <Trigger Property="IsPressed" Value="True">
                    <Setter TargetName="Normal" Property="Visibility" Value="Hidden"/>
                    <Setter TargetName="NormalText" Property="Visibility" Value="Hidden"/>
                    <Setter TargetName="Pressed" Property="Visibility" Value="Visible"/>
                    <Setter TargetName="PressedText" Property="Visibility" Value="Visible"/>
                </Trigger>
                <Trigger Property="IsMouseOver" Value="True">
                    <Setter TargetName="Normal" Property="Visibility" Value="Hidden"/>
                    <Setter TargetName="MouseOver" Property="Visibility" Value="Visible"/>
                </Trigger>
                <Trigger Property="IsEnabled" Value="False">
                    <Setter TargetName="Normal" Property="Visibility" Value="Hidden"/>
                    <Setter TargetName="NormalText" Property="Visibility" Value="Hidden"/>
                    <Setter TargetName="Disabled" Property="Visibility" Value="Visible"/>
                    <Setter TargetName="DisabledText" Property="Visibility" Value="Visible"/>
                </Trigger>
            </ControlTemplate.Triggers>
           
        </ControlTemplate>
    </Button.Template>

batファイル用コマンドメモ

変数使用

SET HOGE=abc
ECHO %HOGE%

日付取得

日付はシステムの日付フォーマットで表示されるため、ファイル名などに使うには部分を取得し、合体させる必要がある。

ECHO %date%
YYYY/MM/DD
ECHO %time%
HH:MM:SS.SS
ECHO  %date:~0,4%%date:~5,2%%date:~8,2%
YYYYMMDD

for分

for %%アルファベット1文字 in (対象) do コマンド

for %%i in (*.log) do (
  echo %%i
)

遅延環境変数

batファイル内の変数への値設定と読み込むタイミングにより、変数の値が正しくならないため、遅延環境変数を設定する。 遅延環境変数は「!」+「変数名」+「!」でループ内で実行時に取得するようになる。

setlocal enabledelayedexpansion
for %%f in (01,02,03,04,05) do (
    SET FNAME=%%f.log
    echo create file : !FNAME!
    echo !FNAME! > !FNAME!
)
endlocal